解剖学

* 【まとめ!】伝導路





伝導路まとめ一覧表



  ●反射路・・・・膝蓋腱反射など。

受容器→求心性神経→反射中枢→遠心性神経→効果器

  ●下行性伝導路 [遠心性(運動性)]・・・・上位から発する命令を下位に伝える伝導路。随意運動を司る。

錐体路
(皮質脊髄路)
大脳皮質の運動野(中心前回)→内包→大脳脚(中脳)→錐体交叉(延髄)→側索(脊髄)→前角(脊髄) 【語呂】
衰退し前から運動しないほうなので、お脚が交差し即前のめり。

[下行錐体(し)、前回運動(し)内包(なので)、大脚(が)、交叉(し)、側、前(のめり)]
皮質延髄路
錐体外路 錐体路以外の運動性伝導路のこと。

* 赤核脊髄路
* 前庭脊髄路
* オリーブ脊髄路
* 視蓋脊髄路
* 網様体脊髄路

など。
【語呂】
水害で、折角の前庭オリーブ蓋するもよう。

[錐、外(で)、赤核(の)、前庭、オリーブ、蓋(する)、網様]

  ●上行性伝導路 [求心性(感覚性)]・・・・末梢から中枢に情報が伝えられる伝導路。







外側脊髄
視床路
《温度覚・痛覚》
自由神経終末(脊髄神経節)→後角(脊髄)→反対側に交叉→側索(脊髄)→視床→内包→体性感覚野(中心後回)
外側の席着いた師匠、お疲れで週末降格交代しても即支障ないほう後悔。

[外側脊髄視床、温痛覚(れで)、終末、後角、交代(しても)、側、視床、内方、後回]
(長)後索路 《触圧覚・深部感覚》
マイスネル小体やパチニ小体などの感覚受容器→後索(脊髄)→後索核(延髄)→反対側に交叉→内側毛帯→視床→内包→体性感覚野(中心後回)
工作触った後錯覚、もうしないと後悔。

[後索、触(わった)後索核、毛、視、内(と)、後回]
脊髄小脳路 《筋紡錘・腱紡錘からの深部知覚》
脊髄神経節→後索(脊髄)→胸髄核(胸髄)→側索→下小脳脚→小脳
視覚伝導路 網膜の視細胞→双極神経細胞→神経節細胞→視神経→視神経交叉→視索→外側膝状体(視床)→視放線→視覚野(後頭葉)

視索の線維の一部は上丘(中脳)に送られ、瞳孔反射に関係する。
外を視て、上をめざせ。

[外(を)視(て)、上[丘](をめざせ)。]
聴覚伝導路 蝸牛(内耳)→蝸牛神経→蝸牛神経核(脳幹)→交叉→外側毛帯→下丘(中脳)→内側膝状体(視床)→聴放線→聴覚野(側頭葉) 超カタツムリには外側毛帯、下の丘にはいない

[聴、蝸牛(には)外側毛帯、下<の>丘(には)(い)内。]
平衡覚伝導路 前庭器官(内耳)→前庭神経→前庭神経核(脳幹)→大部分が小脳、ごく少量が大脳皮質へ。 前の庭で屁〜こいた。

[前(の)庭(で)、平衡(いた)。]
味覚伝導路 舌の味蕾→顔面神経・舌咽神経→狐束核(延髄)→視床→味覚野(大脳皮質) 姑息な味付け。

[狐束(な)、味(付け)。]
嗅覚伝導路 鼻腔の嗅粘膜→嗅覚野(大脳皮質)

※ 嗅覚系は視床を経ず、大脳変辺縁系とつながっており系統発生学的には古い領域。






← 解剖学

【国家試験に挑戦!】神経系の過去問題(あマ指編)

【国家試験に挑戦!】神経系の過去問題(鍼灸編)



▲ページの先頭に戻る